MENU

PCF-BD15TとPCF-BC15Tの違いを比較!アイリスオーヤマサーキュレーター徹底比較

当ページのリンクには広告が含まれています。

アイリスオーヤマの二つのサーキュレーターモデル、PCF-BD15TとPCF-BC15Tについて、それぞれの特長と違いを詳しく見ていきましょう。

この二つのモデルを比較したところ、次のような違いがありました。

  • 重さの違い
  • 使用されているモーターのタイプの違い
  • 風の調整がどのように異なるか
  • カラーバリエーションの違い
  • 電力消費量の違い
  • 価格差

これら各点について、もっと詳しく解説していきます。

アイリスオーヤマのサーキュレーターモデルPCF-BD15TとPCF-BC15Tの特徴や相違点をわかりやすく解説します。

目次

アイリスオーヤマサーキュレーターPCF-BD15TとPCF-BC15Tの違いを比較

アイリスオーヤマサーキュレーターのPCF-BD15TとPCF-BC15Tの違いについて説明していきます。

①重さの違い

PCF-BD15TとPCF-BC15Tは、重さで比較するとはっきりとした違いがあります。

PCF-BD15Tの方が約1.5kgと軽量で、一方PCF-BC15Tはやや重い約2kgとなっています。

しかし、この0.5kgの違いが実際の使い心地に大きな差をもたらすことはないと言えます。

②モーターの違い

両モデルでは、搭載されているモーターの種類にも違いがあります。

PCF-BC15TはACモーターを使用しており、低コストの利点がある一方で、風量調整の柔軟性に欠け、稼働音が大きめで、電力消費もやや多くなる傾向があります。

対照的に、PCF-BD15TではDCモーターが搭載されています。

DCモーターは、細やかな風量調整が可能で、動作音が小さく、電力消費も少ないというメリットを持っていますが、価格は少し高くなります。

③風量の調節機能における違い

PCF-BC15TとPCF-BD15Tでは、風の強さを調節する機能が異なります。

PCF-BC15Tでは、風量を「弱」「中」「強」の3段階で調整できますが、PCF-BD15Tはそれに加え、「弱音」「ターボ」といった特別なモードも含め、合計5段階での細かな調整が可能です。

④カラーバリエーションの違い

さらに、両モデルは提供されるカラーにも差があります。

PCF-BC15Tは「ホワイト」と「ソフトグレー」の2種類がありますが、PCF-BD15Tはそれに「フォギーピンク」「ライトネイビー」を加えた3種類のカラーを展開しています。

特に「フォギーピンク」はサーキュレーターではめずらしい色で、一目で注目を集める特徴です。

⑤電力消費量における違い

PCF-BC15TとPCF-BD15Tの間で見られる電力消費の量には大きな差があります。

PCF-BC15Tは一般的に31~34ワットの電力を使用しますが、PCF-BD15Tはそれよりもずっと少ない、約18ワットで済みます。

これは、実質的に電力消費量で約半分の差があることを示しており、非常に注目すべき点です。

⑥価格の違い

販売場所によっては変わることがあるものの、PCF-BC15TとPCF-BD15Tの価格には明確な差があります。

PCF-BC15Tは平均して5500円程度で販売されているのに対し、PCF-BD15Tは少し高めの6500円が一般的です。

この約1000円の差は存在しますが、電力消費の少なさやその他の機能面を考えると、価格だけでなく全体的な価値を見極めることが大切です。

購入を考えている方は、事前に複数の販売店の価格を比較することを推奨します。

アイリスオーヤマサーキュレーターPCF-BD15Tがおすすめな方

PCF-BD15Tがぴったりな方の条件を詳しく見てみましょう。

主な特徴は以下になります。

  • 最新のモーター技術に興味がある方
  • 細かい設定で自分好みに調整したい方
  • 寝ている間も快適に過ごしたい方

このモデルはDCモーターを使用していて、さまざまな機能が充実しています。

具体的には、細やかな風量の調整が可能で、就寝時にも最適な使い心地を提供します。

最新のモーター技術を採用しているため価格が少し高めですが、その分、性能の高さやカラーの選択肢の豊富さを考慮すると、その価格も納得できる範囲だと考えられます。

アイリスオーヤマサーキュレーターPCF-BC15Tがおすすめな方

PCF-BC15Tがぴったりなユーザーの特徴を細かく解説します。

主なポイントは次の通りです。

  • 価格を重視する方
  • 複雑な設定には関心がない方
  • 特定の色にこだわりがない方

PCF-BC15Tは、PCF-BD15Tと比較して約1000円安い価格で販売されています。

そのため、予算に敏感な方に最適です。

また、使い勝手の良さを求める方や、デザインの多様性よりも機能性を優先する方にとっても、このモデルはシンプルで直感的な操作性を提供します。

コスト効率と使用の簡単さを最優先に考えるなら、PCF-BC15Tは非常に合理的な選択肢です。

アイリスオーヤマサーキュレーターPCF-BD15TとPCF-BC15Tの共通の機能や特長

アイリスオーヤマのサーキュレーター、PCF-BC15TとPCF-BD15Tには次のような共通の特長があります。

・遠くまで届く強力な送風力
・空気を均一に循環させる独自の3Dランダム送風
・様々なニーズに合わせた複数の運転モード
・タイマー機能とリモコン操作で利便性を向上
・簡単なお手入れでメンテナンスが楽

これらの特徴について、もう少し詳しく見ていきましょう。

強力な送風力

PCF-BC15TとPCF-BD15Tは、約17メートルもの距離まで風を送ることができる強力な送風能力を持っています。

どちらのモデルも特別なスパイラルグリル設計を採用しており、これが空気流を整え、部屋全体に直線的に風を循環させることができます。

この機能は、空調の効果を高めたり、洗濯物を早く乾かしたり、室内の換気を助けたりと、多方面で役立ちます。

その汎用性は使用する人々にとって大きな魅力となっています。

3Dランダム送風技術の先進性

先にも少し触れた送風機能の話を深掘りすると、3Dランダム送風とは具体的にどのような技術なのでしょうか。

多くのサーキュレーターや扇風機が左右にしか首を振らないのに対し、空間全体に均等に風を送りたい場合、通常は上下方向の調整を手動で行う必要があります。

しかし、PCF-BC15TとPCF-BD15Tには、左右はもちろんのこと、上下にも自動で首を振ることができる機能が備わっています。

このように全方向に首を振ることができる機能は、従来のサーキュレーターや扇風機にはない革新的な特徴であり、この技術を知ることでその便利さに気が付かされます。

全方向に動くことで、部屋中の空気を効率よく循環させることが可能になり、「画期的な機能」と評価できるでしょう。

これまでのサーキュレーターや扇風機では、上下の調整を自分で行う必要があったため、自動で全方向に首を振るこの機能は、非常に新しく、魅力的な発明と言えます。

PCF-BC15TとPCF-BD15Tの運転モード解説

PCF-BC15TとPCF-BD15Tのモデルには、特に注目すべき2種類の運転モードがあります。

それらは以下の通りです。

  • リズム風モード
  • 強制撹拌モード

リズム風モードは、風量を自動で調整して自然な風を再現する機能を持っています。

このモードを使うことで、まるで自然界のそよ風を感じているような心地良さを室内でも楽しむことができます。

一方、強制撹拌モードでは、室内の空気を積極的にかき混ぜて温度差を少なくし、より均一な室温を実現します。

エアコンと組み合わせることで、このモードの効果はさらに高まります。

運転モードは2つしかありませんが、これらのモードによって高い性能と効率性を実現しています。

さらに、これらのサーキュレーターが16畳までの広い範囲に対応していることも大きな利点です。

通常の扇風機やサーキュレーターでは風が届きにくい場所も、これらのモデルではしっかりと空気を循環させて快適な環境を提供します。

こんなにもパワフルで効果的な送風を体験したことはありますか?

タイマーとリモコンでさらに便利に

PCF-BC15TとPCF-BD15Tのどちらのモデルにも、使い勝手を良くするためのタイマー機能がついています。

設定できるタイマーの時間は、以下のようになっています。

・2時間
・4時間
・8時間

これにより、特に就寝時など、設定した時間が経過すると自動的にオフになるため、安心して眠りにつくことができます。

さらに、これらのモデルには使いやすさを高めるリモコンも付属しています。

このリモコンにより、遠隔操作で簡単に設定の変更が可能です。

また、リモコンをサーキュレーター本体の後ろに収納できるため、使い終わった後にどこに置いたか忘れる心配がありません。

リモコンをよく失くしてしまう私のような人にとって、この収納機能はとてもありがたいですね。

お手入れが簡単な設計

PCF-BC15TとPCF-BD15Tは、メンテナンスが容易な点が魅力の一つです。

フロントガードを外して内部のほこりや汚れを取り除くだけで、お手入れが簡単に完了します。

ただし、ガードを取り外す際には工具が必要になるので、その点は注意が必要です。

日々の忙しい生活の中で、メンテナンスの手間を省けるのは大きなメリットです。

複雑なメンテナンス作業を避けたい多くの人にとって、この手軽さは特に喜ばれるでしょう。

私もメンテナンスの面倒さを感じやすいタイプですから、このように簡単にケアができる設計は非常にありがたいです。

簡単なメンテナンスは、製品を長く使い続ける上で重要なポイントです。

目次