MENU

初めての子供と迎えるお宮参り:連れて行くのはどちらの祖父母?夫婦だけでの参拝も良い選択かも

当ページのリンクには広告が含まれています。

お子さんが生まれ、初めての月を迎えるとお宮参りの時期が訪れます。

この重要な儀式に際し、多くの新米親たちは

「祖父母をどちらの家族から選ぶべきか?」

というジレンマに直面することがあります。

お宮参りには伝統的に父親の家族を伴うのか、それとも母親の家族と行くべきかという疑問があります。

この疑問に対する情報を集めてみましたので、これからお宮参りを控えるご家族はぜひ参考にしてみてくださいね!

目次
スポンサーリンク

初めてのお宮参り、どちらの親を伴うべき?

「初めてのお宮参りは、どちらの家族と一緒に行った方がいいのかな?」と迷っている方は少なくありません。

一般的には、父方の両親でも母方の両親でも、どちらと行っても構いません。

ただし、多くの場合は父方の家族と行くのが通例です。

とはいえ、母方の家族と行くことが許されないわけではありません。

実際には、両家の家族が一緒に参加することもあれば、母方の家族のみで行くこともあります。

また、実家や義理の家族が遠方にあるために都合がつかない場合、親子だけで参拝することも一般的です。

家族だけでゆっくりと参拝を楽しみたいという考えもあるでしょう。

地域によって慣習は異なるため、最終的には自分たちの状況や希望に応じて決めるのが最善です。

そのため、どちらの実家と一緒に行くかではなく、自分たちだけで参拝するか、親を同伴するかを選び、それに基づいて参拝の計画を立てることがおすすめです。

スポンサーリンク

お宮参りで父方・母方の両親がトラブルにならない方法

両家の親が一緒にお宮参りに参加する際、特に注意が必要なポイントがあります。

それは、赤ちゃんを誰が抱くかという問題で、これは祖父母にとって非常に重要なことです。

一方の家族が赤ちゃんを独占する状況が続くと、家族間でのトラブルが生じる可能性があります。

特に、嫁から見た義母、すなわち父方の母親が赤ちゃんを抱きたがる傾向にあります。

一方で、母方の家族は「娘を嫁に出した」という理由で控えめになることがありますが、実際には彼らも赤ちゃんを抱きたいと思っているものです。

このような緊張を避けるためには、夫婦が配慮することが重要です。

嫁が直接父方の家族に意見するのは避け、夫がうまく対応することが望ましいです。

例えば、写真撮影が終わったタイミングで「次は母方のご両親にも赤ちゃんを抱いてもらいましょう!」と提案し、赤ちゃんの抱っこを交代するのが一つの方法です。

両家が赤ちゃんと平等に触れ合えるようにすることで、和やかなお宮参りを目指すことが肝心ですね!

お宮参り、夫婦だけでの参拝の利点は?

先ほども述べた通り、お宮参りに祖父母を同伴する家族もいますが、夫婦のみで静かに参拝を終えたいと考えるカップルも存在します。

この選択をする背景には、以下のような理由が挙げられます。

・両方の家族への配慮が煩わしい
・家族水入らずの時間を楽しみたい

子どもの人生初の大切なイベントで、祖父母のプレッシャーに配慮しながら過ごすのは、実際には大変です。

また、招待していないにも関わらず、祖父母が勝手に参加する前提でいる場合もあります。

参加者が多くなると、スケジュール調整が複雑になり、当日の進行もスムーズにいかないことがあります。

実際、私の妹夫婦も最近夫婦と赤ちゃんのみでお宮参りを行い、「自分たちのペースで行動できて本当に良かった」と話していました。

親子だけで参拝する家族が増えているのは納得できる事実ですね。

当日は赤ちゃんの機嫌次第で動きが変わるため、夫婦のみでさっと参拝し、後で祖父母に報告するのも一つの方法です。

別の日に記念撮影を計画し、その際に祖父母を招待するのも良いアイデアです。

両家と一緒に行くのも良いですし、夫婦だけでも問題ありません。

最も大切なのは、子供にとって快適な一日を提供することです。

このような点を家族でよく話し合い、忘れられない素敵なお宮参りにすることが重要です。

これがお宮参りに関する疑問に対する解説でした。

これからお宮参りを迎える家族の皆さんにとって、参考になれば幸いです。

お宮参りの要点まとめ

お宮参りに連れて行くのはどちらの実家がおすすめなのかをまとめます!

  • お宮参りには、父方の家族でも母方の家族でも、どちらとも参加することができます。
  • 赤ちゃんを抱く時には、どちらかの家族が独占しないように気をつけることが大切です。
  • もっとリラックスしてお宮参りを楽しみたい場合には、夫婦と子供だけで参加することも一つの選択肢です。
スポンサーリンク
目次