MENU

大学の入学式で用意するべき持ち物は?何を持っていけばいい?

当ページのリンクには広告が含まれています。

大学の入学式での必要な持ち物についてご紹介します。

新しい生活のスタートである入学式。

服装を決めるだけでなく、何を持っていくかも大切なことです。

大学からのガイダンスや案内書では、持ち物についての詳しい情報がないことがよくあります。

そんな時、「一体何を持って行くべきだろう?」と考えることもあるでしょう。

この記事では、バッグが必要かどうか、そして入学式に必要なアイテムについて詳しくご紹介します。

この記事では以下の内容について詳しくお話ししますので参考にしてみてくださいね!

  • 入学式に用意すると良いアイテムは何?
  • バッグは持っていった方がいい?それとも不要?
  • 手ぶらでの参加は可能?
目次
スポンサーリンク

大学入学式に持っていくべきアイテムについて

まず、入学式が単に式典だけである場合、必要なものはあまり多くありません。

式典では授業が行われるわけではなく、主に聞くことが中心です。

ですから、必要最小限の持ち物で大丈夫です。

基本的には、財布、携帯電話、ハンカチが必要ですし、公共交通機関を使う場合は交通カードや現金も必要になります。

ただ、メモを取ることがあるかもしれませんので、筆記用具を持っていくことをお勧めします。

また、大学によっては、「合格通知書」など、入学式に必要な証明書を求めることもありますので、その点は大学の指示に従うことが大切です。

次に、入学式にバッグを持っていくべきかどうかについて詳しくご説明します。

スポンサーリンク

バッグの持参はおすすめ?

入学式が式典だけの場合、配られる資料は少なく、最初はバッグが不要に思われがちです。

しかし、入学式の後にサークルからのパンフレット配布などで予想外に荷物が増えることもあるため、バッグを持っていくことをお勧めします。

A4サイズの書類が入るバッグが適切で、スーツを着用するならビジネスバッグがふさわしいですが、通学用のバッグでも構いません。

スーツに合うバッグが理想的ですが、デザインに関してはあまり神経質になる必要はありません。

オリエンテーションが入学式と同日の場合、バッグを用意しよう

入学式のスケジュールを確認して、その日にオリエンテーションがあるなら、バッグを持って行くことをお勧めします。

オリエンテーションでは、さまざまな書類が配られることが多いので、それらを整理できるクリアファイルを持参すると便利ですよ!

書類が多い場合、大学側が配布用の袋を提供することもありますが、自分で用意しておくとより安心ですね。

バッグを持たずに入学式に参加しても大丈夫?

オリエンテーションがない場合、バッグを持っていく必要はありません。

持っていくのも安心ですが、手ぶらでも問題はないでしょう。

特に男性は手ぶらで参加することが多いです。

筆記用具と最低限の貴重品、大学から必要とされたもの以外は特に持つ必要はありません。

荷物を持ちたくないなら、ポケットに入る折りたたみバッグが便利です。

入学式のためだけに高価なバッグを買う必要はなく、もし購入するなら就活や普段の通学にも使えるバッグがおすすめです。

大学入学式に用意するべきアイテムリストまとめ

大学入学式で必要な最低限の持ち物をこちらにまとめておきます!

  • 財布
  • 携帯電話
  • ハンカチ
  • 筆記用具
  • バッグ(持っていくことを推奨)
  • クリアファイル(書類の整理に便利ですが、なくても問題なし)
  • 公共交通機関を使う場合は定期券や運賃
  • 大学から要求された場合は合格通知書やその他の証明書

女性の場合、化粧ポーチや手鏡など、個人的に必要と感じるアイテムも準備すると良いでしょう。

また、普段持ち歩いている貴重品(例えば家の鍵など)も忘れずに持っていきましょう。

「入学式専用」のアイテムは特にありませんが、バッグはあると便利です。

ただし、入学式だけのために新しいバッグを購入する必要はありません。

購入を考えるなら、普段使いや就職活動でも活用できるタイプのバッグがおすすめです。

スポンサーリンク
目次