MENU

年賀状一言で笑顔になり心が温まる素敵な添え書きを紹介!気の利いたメッセージや幸せを願う言葉も

当ページのリンクには広告が含まれています。

新年の挨拶状を開いた瞬間に、思わず笑顔になるような瞬間は、とても素敵ですよね。

大切な人へ送る年賀状には、心に残るような言葉を選びたいですね!

では、どんな言葉が相手を喜ばせるでしょうか。

今回は、新年の挨拶状に添える、相手を笑顔にさせるような温かいメッセージのいくつかをご紹介しましょう。

目次
スポンサーリンク

年賀状一言で笑顔になる!心に残るメッセージアイデア

新年の挨拶状に手書きの短いメッセージを添えると、受け取る人に喜びを与えますが、どのような内容が良いでしょうか。

相手との関係性によって異なってきますが、相手を明るく笑顔にするためのいくつかのアイデアをご紹介しますね!

・感謝の気持ちを表す言葉
・健康への気遣いを示す言葉
・励ましのメッセージ
・再会を期待する言葉
・幸福を祈るフレーズ
・今後も指導をお願いする言葉
・今後のお付き合いを望む表現

これらは一般的に受け取った人に喜ばれる内容です。

その他にも、

  • 相手の良いニュースを祝福する
  • 自分の最近の良い出来事を共有する

これらも相手やその家族にとって良いことがあった場合、喜ばれるでしょう。

また、自分の近況を共有するのも良い方法ですね。

ただし、自慢にならないように気を付け、相手との関係や話の文脈を考慮することが重要です。

スポンサーリンク

年賀状で避けるべき話題。どんなメッセージが不快感を与えるか?

新年の挨拶状には、良かれと思って書いた一言が、時に誤解や不快な印象を与えることがあります。

気をつけるべき話題は以下の通りです。

・結婚に関する過度な話題
・子供に関する過度な話題
・その他ネガティブな内容

結婚に関する話題では、自分の幸せを伝えたいという気持ちが行き過ぎると、相手に自慢と受け取られる恐れがあります。

特に、相手が異なる状況にいる場合は注意が必要です。

子供に関する話題も、相手が子供を望んでいるができない状況や独身の場合、デリケートな問題となることがあります。

家族写真を含む年賀状は、これらの状況にある人にとって厳しいものとなる可能性があります。

また、仕事のストレスや育児、介護の大変さなど、ネガティブな内容を年賀状で語るのは適切ではありません。

これらは受け取った人を楽しい気分にはさせにくいです。

これらの話題を避け、相手の状況や性格を考慮してメッセージを書くことが大切です。

新年挨拶状に添える心温まる感謝のメッセージ例

新年の挨拶状に加える、心からの感謝を伝えるメッセージ例を紹介します。

日常の感謝を表す言葉

関係の深さにかかわらず、日常的にお世話になっていることは多いものです。

新年の挨拶状では、普段の感謝の気持ちを伝えることが相手にも喜ばれるでしょう。

  • 去年一年間、本当にお世話になりました
  • 昨年は多大なご支援をいただき、心から感謝しています
  • 昨年中はさまざまな形でご支援いただき、深く感謝しております
  • 昨年中は格別なご協力をいただき、心よりお礼を申し上げます
  • 昨年は特別なご指導を賜り、深く感謝の意を表します

相手の健康を思う心温まるメッセージ

相手の健康を考えた優しい言葉は、相手への深い思いやりを示し、感動を与えることでしょう。

これは受け取る人にとっても喜ばしいことです。

  • どうかお風邪を召さないよう、ご自愛ください
  • 厳しい寒さの中でも、どうぞお体を大切にしてください
  • 寒い日が続きますので、風邪をひかぬようご注意ください
  • この寒い季節、健康に特に気を配ってください
  • 寒い日々が続いていますので、体調管理には気をつけてください
  • 互いに健康を意識し、元気に過ごしましょう
  • どうぞお身体を大切になさってください

新年の始まりに送る励ましの言葉

年の始まりには、新たな年を頑張る意欲を示す、お互いを励ます言葉が適しています。

  • 今年は大事な試験の年ですね。共に頑張りましょう
  • 新しい年も、仕事で一緒に力を合わせて頑張りましょう
  • 今年一年、また一緒に頑張っていきましょう
  • 新年を迎え、心新たに努力しましょう

再会を待ち望む心温かなメッセージ

久しぶりに会う相手や、普段なかなか会うことができない相手に対して、今年の再会を願うメッセージを送るのは素敵なアイデアです。

具体的な日程は後から決めるとしても、再会を楽しみにすることで、互いの気持ちが明るくなるでしょう。

  • 今年はぜひ時間を見つけて会いましょう
  • 今年こそはたくさんの時間を一緒に過ごしたいですね
  • 今年は共に旅行の計画を立てましょう
  • また近いうちにお会いできることを楽しみにしています
  • 次に会う時はお食事を楽しみましょう
  • 次にお会いする日を心待ちにしています
  • また時間ができたら、ゆっくり話しましょう
  • 次に会うまで、お互いに元気でいましょうね

相手の幸せを願う心温まるメッセージ

相手の幸せを願う言葉は、受け取った人にとって、自分のことを思ってくれる人がいると感じられ、非常に嬉しいものです。

  • 新しい年が良い年となりますように
  • 今年一年が素晴らしいものになりますように
  • 新年が素敵な年となりますように
  • 今年が充実し、幸せな年になりますように
  • 笑顔あふれる幸せな一年となりますように
  • 一年間、幸福が多く訪れることを願っています
  • 幸せが満ちる年となることを心から祈っています
  • 毎日が幸せで満たされることを願っています
  • あなたにとって幸運が訪れる素敵な年になりますように
  • 新年があなたにとって素晴らしい年となりますように

継続したご指導へのお願いのメッセージ

目上の方や過去にお世話になった方への年賀状では、「引き続きのご指導をお願いします」という表現が適しています。

このようにお願いすることは、通常、相手にとって嬉しいことですね。

感謝の気持ちを先に述べると、さらに印象が良くなりますよ!

  • 本年も引き続きご指導を賜りたくお願いします
  • 今年も引き続きご指導いただけますと幸いです
  • 今年も変わらずのご指導を心よりお願い申し上げます
  • 本年も引き続きご指導いただけますよう、お願い申し上げます
  • 今年も引き続きのご指導をお願いいたします
  • 今年も一層のご指導を賜ることをお願い申し上げます

今年も続く関係への願いを込めたメッセージ

年賀状の締めくくりとして、今年一年のお付き合いをお願いする言葉を添えるのが一般的です。

これは基本的な表現ですが、とても重要なメッセージですね!

  • 今年も引き続きお付き合いいただけますようお願いします
  • 本年もお付き合いいただけることを願っています
  • 今年も変わらないお付き合いを続けていただければ幸いです
  • 本年も引き続きのご交流を心よりお願い申し上げます

年賀状一言で笑顔になり心が温まる素敵な添え書きを紹介!まとめ

「笑う門には福来る」と言われるように、年始から笑顔で過ごすことはとても重要です。

笑顔にはさまざまな形がありますが、年賀状を通じて笑いを共有できるのは、相手との関係が深いからこそです。

一番肝心なのは、大切な人を心から思い、その気持ちを込めて書くことです。

たった一言のメッセージでも、それが長い間の関係を深めるきっかけになるかもしれませんよ!

スポンサーリンク
目次