MENU

きつい靴を伸ばす方法スニーカー編!新しいスニーカーを心地よく履きこなすコツを紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

「ネットで買ったスニーカーが届いたけど、足先が締め付けられる…もしかして小さいサイズを選んじゃった?」

「店でさらっと試着したけど、家でゆっくり履いてみたら幅がきつい。もうちょっと大きい方が良かったかも。」

こんなふうに、新しく買ったスニーカーにちょっと後悔すること、ありますよね。

実は少々きつく感じることも、履き続けているうちに足に馴染んでくるものです。

でも、できれば早く快適に履きたいですよね。そんな時は、シューストレッチャーなどの道具で調整するのがおすすめです。

最初から「無理!」と感じたり、親指に痛みがある場合は、無理せず返品するのが賢明です。

返品できない場合は、中古で売るという選択肢もあります。

今回は、スニーカーが足にフィットするまでの期間や、窮屈な靴を快適にする方法、スニーカー選びのコツについてお話しします。

目次
スポンサーリンク

新品スニーカーがきつい!フィットするまでの期間と対応策は?

新しく購入したスニーカーが思ったより狭く、きつく感じてガッカリした経験はありませんか?

新しいスニーカーは最初は少し狭く感じるものですが、履いているうちに自然と足の形に馴染み、履き心地が良くなることが多いんです。

それでは、スニーカーが足に馴染むまでどれくらいかかるのでしょう?

・毎日履く場合…数日から1週間
・週に数回履く場合…約2週間から1ヶ月

スニーカーの素材や一日の履く時間によっても変わりますが、これらは一般的な目安です。

例えば、キャンバス素材のスニーカーは比較的早く柔らかくなりますが、レザーや合成皮革のものは少し時間がかかる傾向があります。

サイズが合わない時は、無理せず交換や返品を

朝試着した時はちょうどよかったサイズも、夕方には締め付けられるように感じることがあります。

足を傷めることなく快適に履きたいなら、サイズが合わない時は返品や交換を検討しましょう。

中敷きでサイズ調整

中敷きを取り除くことで、少しの間隔を作り足に余裕を持たせることが可能です。

これは足の高さだけでなく、幅にも影響を与えるので、総合的なフィット感の改善につながります。

スポンサーリンク

自宅でできるスニーカーの広げ方

スニーカーが足に馴染むまでの間に感じる痛みや靴擦れは避けたいものです。

そこで、自宅で手軽にできるスニーカーを広げる方法をいくつかご紹介します。

新聞紙でスペースを作る

新聞紙をぎゅっと詰め込むことで、スニーカーを少し広げることができます。

さらに効果を高めるためには、新聞紙を詰めた状態でヘアドライヤーで温めると良いでしょう。

長時間そのままにしておくと、より効果的です。

冷凍してサイズを調整

手元に新聞紙がない時は、水を使ってスニーカーを広げる方法があります。

  • 水をジップロックに入れてしっかりと封をします。
  • その袋をスニーカーの中に入れます。
  • スニーカーを冷凍庫に入れます(既に履いた靴なら、一度袋に入れてから)。
  • 水が凍るまで待ちます。
  • 凍ったら取り出し、自然解凍するまで置いておきます。

ヘアドライヤーで広げる方法

  1. 厚手のソックスを2枚重ねて履き、その上からスニーカーを履きます。これで足が大きくなり、スニーカーを広げやすくなります(1枚でもOK)。
  2. スニーカー全体に約30秒間ドライヤーの熱風を当てます(靴を痛めないよう注意)。
  3. 熱風を当てながら、足を動かしてスニーカーを広げます。

シューストレッチャーで広げる

シューストレッチャーは靴の内部を広げてサイズを調整する便利な道具です。

これは靴専門店やスポーツ店で簡単に手に入ります。

履いていない時にスニーカーの中にこれを入れておくと、徐々にサイズが広がります。

実際にサイズが変わるまでには、通常3日から数日かかります。

実際に外出するときはスニーカーを履き、帰宅後にシューストレッチャーを再び挿入すると効果的です。

これらの方法は、少し狭く感じるスニーカーに適しています。

しかし、履いた瞬間から痛みや違和感がある場合は、サイズが合っていない可能性があるため、適切なサイズへの交換をお勧めします。

足先がきつくかかとがゆるい場合の対処法

足の先は狭いのに、かかとがぶかぶかしているという状態には困りますよね。

スニーカーの場合は、ひもをきちんと結べば問題ありませんが、ハイヒールなどでは中敷きで足の位置を微調整することが重要です。

さらに、かかとのずれを防ぐ専用のパッドも市販されていますよ。

靴のプロに相談してみる

近所に靴修理の専門店があれば、一度相談してみるのも良いでしょう。

店舗や靴の状態によって異なりますが、多くの場合2000円ほどで対応してくれることが多いです。

スニーカー選びのコツとアドバイス

新しくスニーカーを買ったのに、予想外に狭かったり足が痛くなったりするとがっかりしますよね。

ここでは快適なスニーカー選びのコツをご紹介します。

狭すぎは避け、余裕を持って選ぶ

スニーカーを選ぶ際は、「自分の実際の足のサイズよりも0.5㎝~1㎝大きめを選ぶ」のがポイントです。

スニーカーは通常、革靴と比べてつま先のスペースが少なめに作られており、内部が狭くなりがちです。

また、底部にクッションが入っていることも多く、余計に狭さを感じる原因になります。

同じサイズを選んでも実際には小さく感じることが多いため、少し大きめのサイズを選ぶことで、足への負担を減らし、より快適に履くことができますよ。

夕方以降の試着がおすすめ

一日のうちで足のサイズは変わることがあります。

特に、夕方から夜にかけては足がむくんで大きくなりがちです。

そのため、靴を選ぶ際は夕方以降の試着が最適です。

もちろん、むくみを考慮していれば午前中の試着でも問題ありません。

靴下の厚みを考慮する

靴下の厚さが靴のフィット感に影響を与えます。

試着時は、普段履いている靴下の厚みを考慮してください。

特に、一年を通じて同じ靴を履く場合は、夏は薄手、冬は厚手の靴下に対応するサイズを選ぶことが大切です。

きつい靴を伸ばす方法スニーカー編まとめ

新品のスニーカーは毎日履けば2日から1週間程度で足に馴染みますが、週に数回だともう少し時間がかかることがあります。

早く馴染ませたいなら毎日履くことをおすすめします。

さらに早くサイズを調整したい場合は、ヘアドライヤーやシューストレッチャーを使ってみるのも一つの方法です。

ただし、履いてすぐに「これは無理」と感じたら、新品のうちに交換することをお勧めします。

一般的にスニーカーは革靴よりも小さめに作られているため、0.5~1㎝大きめを選ぶと最初から快適にフィットすることが多いです。

足への影響を考慮し、少し大きめのスニーカーを選ぶことが重要です。

もしすでに履いてしまい交換や返品が難しい場合は、無理に履き続けずに買取を検討しましょう。

スポンサーリンク
目次