MENU

保冷剤はコンビニで売ってる?すぐ使える代わりになる代用品や買える場所も紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。
保冷剤 コンビニ 売ってる

急に保冷剤が必要になると、まず思い浮かぶのは24時間営業しているコンビニですよね。

でも、実際にコンビニで保冷剤が見つかるかどうかは少し疑問です。

この記事では、コンビニで保冷剤を探す方法と、コンビニ以外で入手できる場所について詳しく紹介します。

さらに、保冷剤の代わりになるアイテムや、保冷効果を長持ちさせるコツについてもご紹介します。

ぜひ最後まで読んで、急な状況にも対応できる知識を身につけましょう。

目次
スポンサーリンク

保冷剤はコンビニで売ってる?

コンビニは私たちの日常生活において欠かせない便利な場所ですが、保冷剤を探す際にはどうでしょうか?

コンビニで保冷剤を求めることは一般的ですが、実際には多くのコンビニで保冷剤の販売は行われていないことが多いです。

全国のコンビニを見渡しても、保冷剤の取り扱いがないことがほとんどなので、コンビニでの購入は難しいと考えられます。

でも、心配しないでください。コンビニ以外の場所で保冷剤を購入する方法もあるので、次はその購入先を紹介します。

スポンサーリンク

コンビニ以外で見つけられる保冷剤の販売店舗と種類

保冷剤 販売 店舗

保冷剤の販売先と種類:ドラッグストア

コンビニ以外で保冷剤を探す際、最初にチェックしたいのはドラッグストアです。

多くの場所では夏の間だけ保冷剤が販売されることが多いですが、ドラッグストアでは一年中様々なタイプの保冷剤を見つけることができます。

ドラッグストアでは以下のようなタイプの保冷剤が主に取り扱われています。

・小型サイズ
・大型サイズ

保冷剤の販売先と種類:スーパーマーケット

次に、紹介するのはスーパーマーケットです。

スーパーマーケットでは、店舗によっては特に夏の季節に限り保冷剤を販売することがあります。

夏の時期には雑貨コーナーでキャラクターやおしゃれなデザインの保冷剤が見つかることもあります。

スーパーマーケットでよく見かける保冷剤のタイプは以下の通りです。

・小型サイズ
・大型サイズ

保冷剤の入手先と種類:バラエティショップ

コンビニ以外で保冷剤を探すとき、ドンキホーテやロフトのようなバラエティショップは素晴らしい選択です。

こうした店舗では、様々なデザインの保冷剤が豊富に揃っています。

キャラクターものや可愛いデザインの保冷剤は、特に子供のお弁当箱にピッタリです。

バラエティショップでよく見かける保冷剤の種類は以下のようになっています。

・小型サイズ

保冷剤の入手先と種類:ホームセンター

保冷剤を購入するためのもう一つの場所はホームセンターです。

ここでは大型の保冷剤が主に取り扱われており、特に枕タイプの保冷剤が見つかることが多いです。

ホームセンターで見つかる保冷剤の種類は以下の通りです。

・大型サイズ

保冷剤の入手先と種類:100円ショップ

また、100円ショップも保冷剤の購入に適しています。

特に小型の保冷剤を探している場合、100円ショップは最適な選択肢です。

キャラクターものやデザイン性の高い保冷剤が多く、特に夏の時期には店の入口近くに展示されていることが多く、探しやすいです。

100円ショップで見つかる保冷剤の種類は以下の通りです。

・小型サイズ

保冷剤の購入場所とその種類:スポーツ用品店

コンビニ以外で保冷剤を探す際、スポーツ用品店は非常に重要な選択肢となります。

スポーツ用品店では、アイシングに使用するための保冷剤が豊富に揃っています。

スポーツ用品店で主に取り扱われている保冷剤のタイプは以下の通りです。

・小型サイズ
・大型サイズ
・特定部位用のアイシング専用タイプ(足や腕など)

保冷剤の代わりになるアイテム

保冷剤 代わり ペットボトル

保冷剤の代替品:冷凍ペットボトル

保冷剤は購入してすぐに使えないことが多く、コンビニ以外の店が近くにない場合もあります。

そんな時に役立つのが、コンビニで手軽に手に入る冷凍ペットボトル飲料です。

この凍らせたペットボトルは、釣りをする人たちの間でクーラーボックス内の保冷剤代わりによく使用されます。

溶けた後は飲むことができるので、無駄がないです。

急に保冷剤が必要になったり、夜遅くに必要になったりした場合も、家にあるペットボトル飲料を冷凍することで対応できます。

コンビニは24時間営業しているため、好きな飲み物を選んで凍らせることもできます。

ただし、凍らせる際は未開封のものは膨張して破裂する恐れがあるので、一度蓋を開けてから凍らせることが大切です。

保冷剤の代替品:市販の氷

もう一つの代替品として、コンビニや他の店舗で手に入る市販の氷も有効です。

氷を使用する際は、溶けた水で周囲が濡れないようにビニール袋に入れると良いでしょう。

氷はほとんどどこでも購入できますし、スーパーマーケットなどでは保冷が必要な商品を購入した際に無料で提供されることもあります。

生鮮食品を購入する際にこれを利用するのも良い方法です。

ただし、提供される氷は食品としての品質が保証されていないので、飲料や食品には直接使用しない方が良いでしょう。

保冷目的での使用に限定しましょう。

保冷効果を長持ちさせる方法

保冷バッグ 効果

保冷効果を持続させる方法:保冷剤を多用する

保冷剤の効果がどれほど続くかは重要ですね。

そこで、保冷効果を長く維持する方法をご紹介します。

まず簡単で効果的な方法として、保冷剤を多く使用することがあります。

保冷剤を1つよりも2つ使用した方が、明らかに保冷効果が長持ちします。

できるだけ多くの保冷剤を用いることで、保冷状態をより長く保つことができます。

保冷効果を持続させる方法:保冷容器を事前に冷やしておく

次に、保冷効果を長く保つための方法として、使用する保冷容器をあらかじめ冷やしておくことがあります。

保冷剤には保冷する機能はありますが、物を冷やす機能はありません。

そのため、保冷剤を入れた後は徐々に温度が上がっていきますが、最初から冷えた容器を使うことで、温度が上がるまでの時間を長くすることができます。

これにより、保冷効果をより長く維持することが可能です。

保冷効果を高める方法:専用保冷容器の活用

保冷状態をできるだけ長く保つための一つの方法は、専用の保冷容器を使用することです。

この場合の「専用容器」とは、保冷バッグなどのことを指します。

これらの容器は冷気を外に逃がさないように設計されているため、保冷剤の効果を強化できます。

保冷剤をこのような専用の保冷容器と一緒に使用することで、冷たさをより長く維持することができます。

保冷状態を長持ちさせる方法:高温環境を避ける

さらに、保冷状態を長く保つためには、直射日光や高温の場所を避けることが大切です。

保冷剤は冷たさを保持する機能がありますが、周りの温度が高いと効果は低下します。

そのため、保冷剤を使用する際は、できるだけ涼しい場所に置くことが重要です。

これにより、保冷剤の冷却効果を最大限に引き出すことが可能です。

保冷剤はコンビニで売ってる?まとめ

この記事では、コンビニに保冷剤があるかどうかを調査し、またコンビニ以外で保冷剤を手に入れる方法や代わりになるアイテムについても詳しく解説しました。

結果として、コンビニで保冷剤を見つけるのは難しいことが分かりましたが、代わりになる商品は多くのコンビニで売られています。

この情報をうまく活用して、保冷剤が手に入らない時でも対応できるようにしましょう。

「コンビニに保冷剤は売ってる?緊急時に便利な代用品は?」というテーマでお伝えしました。

スポンサーリンク
目次