MENU

どこで郵便はがきを買えるの?コンビニでの取り扱いや他の販売場所

当ページのリンクには広告が含まれています。

郵便はがきを探すとき、まず考えたいのがコンビニエンスストアです。

コンビニでは、普通の手書き用はがきは購入できますが、インクジェット対応のはがきは置いていないことが多いです。

また、全てのコンビニでいつでも普通のはがきが手に入るわけではありません。

この記事では、次のような内容について詳しく解説します!

・はがきが売っているコンビニと売っていないコンビニの見分け方
・郵便局やコンビニ以外で見つけられる意外なはがきの販売場所
・郵便局以外で購入できる特殊なはがき(インクジェット用や往復はがきなど)の入手方法
・年賀はがき(インクジェット写真用含む)の購入先について

これらの情報が皆さんのお役に立てれば幸いです。

目次
スポンサーリンク

はがきをどこで買える?郵便局以外での入手方法

はがきを購入するための場所はどこにあるのか、郵便局以外で購入できる場所について、詳しく調べてみました。

コンビニでのはがき購入のポイント(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート他)

はがきは、たくさんのコンビニで見つけることができます。

【はがきが買えるコンビニの一覧】

・セブンイレブン
・ローソン
・ファミリーマート
・ミニストップ
・デイリーヤマザキ
・ポプラ
・セイコーマート

主要なコンビニチェーンでは概してはがきが取り扱われています。

しかし、ローソンとミニストップは全店で取り扱っているのに対し、他のチェーン店でははがきを置いていない店舗もあります。

店頭ではがきが売られているかどうかは、入口のガラスに貼られた郵便マークで確認できます。

このマークが見えれば、その店ではがきを買うことができるということになります。

特にローソンとミニストップでは、店内に郵便ポストも設置しているため、はがきを投函するのも簡単ですね!

デパートや大型スーパーでのはがきの販売状況

多くのスーパーマーケットや小さな店でははがきを扱っていないことが多いですが、イオンのような大型のデパートやスーパーでは、はがきを見つけることが可能です。

こうした店舗では、普通はサービスカウンターではがきを購入できます。

はがきを扱っているスーパーでは、サービスカウンター近くに郵便マークがあることが多いので、購入する前にチェックすると良いでしょう。

薬局でのはがきの取り扱い

はがきを扱っている薬局は少なめですが、店舗の近くに郵便ポストがある場合は、はがきを販売している可能性があります。

入口付近に郵便マークがある薬局もありますが、大手ドラッグストアチェーンでははがきを取り扱っていないことが多いです。

駅の売店でのはがきの販売状況

駅の売店、たとえばkioskやニューデイズなどでも、はがきを購入できることがありますが、扱っている店は限られています。

以前は駅の売店でよくはがきが見つかったものですが、近年はその数が減っています。

駅の売店ではがきを見つけたら、ラッキーだと思って購入すると良いでしょう。

地域の個人商店でのはがき購入

地元の小さな個人商店では、はがきを販売している場合があります。

店の看板やステッカーを目印として、はがきの販売を確認できます。

特に店の前に郵便ポストが設置されている場合は、はがきを扱っている可能性が高くなります。

金券ショップでのはがき購入

金券ショップでは、はがきも販売されています。

ただし、ここでは多くの場合、はがきが複数枚セットで販売されており、単品での購入は難しいことがあります。

金券ショップで購入する場合、通常価格よりも安くなることがありますが、割引は1枚あたりわずかな額です。

遠方の店舗に行くと、交通費がかかるため、結局高くつく可能性があります。

大量購入の際には、金券ショップが便利な選択肢です。

スポンサーリンク

特殊なはがきの入手法:郵便局以外で購入できるか?

コンビニやデパートでは通常のはがきは購入可能ですが、特殊なはがきは郵便局以外ではなかなか見つからないことが多いです。

インクジェット用、往復はがき、喪中はがきなど特殊なタイプのはがきは、通常これらの場所では扱われていません。

寒中見舞いや暑中見舞いのはがきも、需要が少ないため、コンビニなどでは取り扱っていないことが一般的です。

通常のはがき以外のものが必要な場合は、郵便局で購入する必要があります。

郵便局に行く時間がない場合は、オンライン注文が便利な方法です。

コンビニにおける年賀はがき販売とインクジェット専用はがきの取り扱い

通常、特殊なはがきは郵便局でのみ購入可能ですが、年賀はがきは例外的にコンビニでも購入できます。

年末年始には、標準紙タイプやインクジェット対応の年賀はがきがコンビニで販売されます。

年賀はがきの需要が高いため、普段ははがきを扱わない店舗でも、郵便局の臨時販売サービスを利用して販売されることがあります。

特に人気の「インクジェット写真用年賀はがき」は、コンビニによって扱いが異なります。

都市部の店舗では多く取り扱っていますが、地方では入手が困難なことがあります。

そのため、あるセブンイレブンでインクジェット写真用年賀はがきが見つからなかった場合、近くの他のコンビニでも同様の状況である可能性があります。

ゆうゆう窓口での特殊はがき購入方法

郵便局の閉店後でも、インクジェットはがきや往復はがき、喪中はがき、インクジェット写真用年賀はがきなどの特殊なはがきが必要な場合、ゆうゆう窓口が役立ちます。

郵便局の営業時間外であっても、ゆうゆう窓口でははがきを購入することができます。

夜間や週末、祝日など急にはがきが必要になった時に特に便利です。

ゆうゆう窓口は、配達業務を行う大型郵便局に設置されており、中には24時間営業しているところもあります。

最寄りのゆうゆう窓口はオンラインで簡単に調べることができます。

ゆうゆう窓口では現金だけでなく、クレジットカードや電子マネー、スマートフォンのQRコード決済などのキャッシュレス支払いも可能です。

しかし、コンビニではクレジットカードでのはがき購入はできませんが、セブンイレブンではnanaco、ミニストップではWAONが使えます。ただし、ポイントは付きません。

ファミリーマートではファミペイを使用してはがき購入時にポイントを獲得できます。

インターネットでのはがき購入:選択肢と可能性

インターネットでは、郵便局の「切手・はがきストア」というオンラインショップではがきを購入することが可能です。

しかし、この方法だとはがきの価格に加えて720円の送料が必要になります。

5,000円以上購入すると送料が無料になりますが、少ない枚数を購入する場合にはあまり適していません。

少量購入の場合は、Amazonでの購入が若干安くなることがあります。

Amazonでは無地のはがきは販売されていませんが、プリント済みのデザインはがきは購入可能です。

通販サイトでの年賀はがきの購入

無地の年賀はがき、特にインクジェット対応タイプはAmazonや楽天では扱っていません。

しかし、デザインや差出人情報が印刷された年賀はがきは、通販で購入すると店頭価格よりも安くなることがあります。

通販での年賀はがき印刷は市販のものよりもかなり安く、時には半額程度になることもあります。

これにははがき代と印刷代が含まれ、送料も無料です。

通販で購入すると、直接店に行く手間や自分で印刷する手間を省くことができます。

自分で印刷する場合、プリンタのトラブルやインク切れの問題に直面する可能性があります。

しかし、通販サービスを利用すると、宛名印刷から投函まで全てを任せることができます。

忙しい時期にも時間を有効に活用できるので、プリンタのインク代や手間を考えると、通販での全サービス利用が経済的で効率的です。

パソコンやスマートフォンを使って、写真年賀状も簡単に作成できます。

人物を自動で切り取る機能があり、スマホでワンタッチ操作でおしゃれな年賀状を作成でき、プレビュー機能で印刷失敗の心配も少ないです。

宛名印刷サービスは5枚から注文可能で、家族それぞれに異なるデザインを選ぶこともできます。

実際の通販での年賀状注文プロセスは非常に簡単で、デザイン選択、差出人と宛先の入力が主な作業です。

住所録のデータをコピペするだけで、宛先の入力もすぐに終わります。

何か問題があっても、スタッフが土日祝日を含めていつでも対応してくれるので、安心して注文することができます。

スポンサーリンク
目次