MENU

プラスチックの蓋が開かない!外し方や固い時の対処法をご紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

プラスチック容器の蓋が固くなって開かないという状況の時の簡単な対処法をご紹介します。

特に急いでいる時には、蓋が開かないことはストレスの原因となることもありますよね。

でも、ご安心ください、蓋をスムーズに開けるための簡単なテクニックがあるのです。

この記事では、プラスチック容器の蓋が固くなる理由と、それを解決する効果的な方法をご紹介します。

さらに、蓋が固くなるのを予防する日常のコツもお伝えします。

電子レンジの正しい使い方から蓋の適切な拭き方に至るまで、実践できる対策を一挙に紹介。

これらの情報は、忙しい朝や急ぎの時にも役立ちます。

プラスチック容器の蓋が開かない問題、一緒に解決していきましょう!

目次
スポンサーリンク

プラスチック容器の蓋の開け方:お試しいただきたい5つのポイント

プラスチック容器の蓋が固くて開かない時に試すべき対処法を紹介します。

電子レンジを活用しよう!

蓋が気圧の問題で固くなっている場合、電子レンジで加熱することで容器内の気圧を調節し、蓋が開きやすくなります。

しかし、加熱しすぎると取り扱いが難しくなるため、適度に加熱し、その様子を見ることが重要です。

蓋を開ける際には、蒸気が非常に熱いため、鍋掴みやキッチンミトンを使って熱対策をしてください。

特に水蒸気は沸騰水よりも高温になることがあるため、蓋が目に見えて膨らんでいる場合は、内部に高温の蒸気が溜まっている可能性があります。

蓋を開けると、その熱い蒸気が一気に噴出するので、やけどに十分注意する必要があります。

私自身も、これで何度か軽いやけどをしたことがあり、水泡はできなくても、肌が赤くなり、ヒリヒリとした痛みがあったので、注意が必要です。

熱湯で蓋をやわらかくしよう!

蓋が気圧の影響で硬くなった時、熱湯をプラスチック容器の蓋にかけてみましょう。

熱により蓋が少し膨らんで、蓋と容器本体の間に隙間ができます。

この隙間を通じて、内部の気圧が調整され、蓋が開きやすくなります。

私は普段、シンクに容器を置き、沸かしたばかりの熱湯を蓋にかけます。

蓋が熱くなるため、タオルや鍋掴みを使って開けることをおすすめします。

ただし、この方法を使う時は注意が必要です。

以前、容器全体を熱湯に浸けたところ、蓋が急に開いて中身が一緒に飛び出してしまった経験があります。

容器を軽く押して変形させてみる

蓋が気圧のせいで開かない場合や、何かが挟まっている場合は、容器を上下から力を入れて押してみると良いでしょう。

そうすると、蓋と本体の間に隙間ができることがあります。

気圧が原因の場合、隙間ができることで外部の空気が入り、蓋が開きやすくなります。

蓋に何かが挟まっている場合は、この方法で徐々に剥がしていくことができます。

特に薄いプラスチック容器の場合、この方法が安全で効果的です。

片手で十分に押し込むのが難しい場合は、両手で挟むか、テーブルの上に横にして体重をかけることで開けることができます。

お湯に浸してみる

蓋が容器本体にくっついてしまった場合は、それを溶かすためにお湯に浸すことを試してみてください。

この場合、ぬるま湯が適しています。

蓋と本体の接続部分をお湯に浸し、くっついた部分を溶かしましょう。

お湯に浸すのが難しい場合は、湿らせた布やキッチンペーパーを蓋と本体の間に巻き付ける方法も効果的です。

じっくりと時間をかけて溶かすことで、蓋が開くようになります。

お湯が蒸気を発するほど熱ければ、その蒸気が隙間に入り込むので、より効果的です。

蓋を丁寧に拭いて、ゴム手袋で開けてみよう

たとえば、病院から処方される塗り薬の小さい容器が開かない場合、蓋と本体の間に薬が固まってしまうのが一般的な原因です。

ただし、このような大切な薬品の場合、電子レンジを使用したり、お湯で温めたりするのは適していません。

このような時は、力を加えて開けることが最善ですが、効果的に力を伝えるためには工夫が必要です。

まず、蓋をアルコールスプレーや消毒ジェルでしっかりと拭きます。

これにより、蓋の表面が滑らかにならずに済みます。

次に、ゴム手袋をしてしっかりと握って回してみましょう。

それでも蓋が開かない場合は、蓋の周りにゴムバンドを巻くと良いでしょう。

つかむ部分が大きくなると握りやすくなり、力の伝達もしやすくなります。

ゴムバンドを利用する

この方法はゴム手袋と同様の原理です。

素手だと滑りがちですが、ゴムの摩擦力を活用することで開けやすくなります。

細いゴムバンドよりも、幅広いゴムバンドの方がより効果的です。

幅が広いゴムバンドは摩擦力が増し、蓋をより強く握ることができます。

スポンサーリンク

プラスチックの蓋が開かなくなる主な原因

まずは、プラスチックの蓋が開かない主な2つの理由を見てみましょう。

気圧の変化が影響しています!

電子レンジで加熱後に蓋が開かなくなるのは、気圧の変動が原因です。

電子レンジ内で発生する水蒸気が液体に戻る過程で、プラスチック容器内の気圧が低下し、外部の圧力によって蓋が密閉されます。

食品を温めると、その中の水分が熱せられます。100度を超えると水蒸気に変わり、容器の上部に上昇します。

水から水蒸気への変化で、その体積は約1700倍に膨張します。その結果、容器内に収まらず、隙間から水蒸気が漏れ出します。

加熱が終わると温度が下がります。

温度が下がると水蒸気は再び液体に戻り、体積が小さくなります。

その際、外部の空気が容器を圧迫し、通常の力では蓋が開けられなくなるのです。

熱い食べ物を入れて蓋をした場合にも同じ現象が起こります。

熱い食べ物から出る蒸気が容器を満たし、冷却されると蒸気は液体に戻り、プラスチック容器内の空気量が減少して外部の圧力で蓋が密閉されます。

蓋と容器の間に何かが挟まることも!

食品をプラスチック容器に入れる際、時々容器の縁に食品が残ったまま蓋を閉めることがありますよね。

その状態で容器を傾けると、中身が蓋と容器の隙間に入り込むことがあります。

時間が経つと、その食品が蓋と容器を接着剤のように強くくっつけてしまうことがあります。

「フタが固い!」問題を未然に防ごう

プラスチック容器の正しい使い方を覚えよう!

プラスチック容器の蓋が固くなって開かないのを防ぐためには、正しい使用方法を理解することが大切です。

具体的には、容器の使用説明に沿って、「電子レンジで使用する際は蓋を外す」か「蓋を少し開けて加熱する」ことが重要です。

蓋をしないまま使用すると、食品の水分が蒸発し、ご飯などは乾燥してしまうことがあります。

蓋を少し開けておくことで、水分の蒸発を抑えつつ、加熱後に蓋が密着してしまうのを防ぐことができます。

蓋を閉めたまま電子レンジで使えるプラスチック容器

近年では、蓋を閉めたまま電子レンジで使えるプラスチック容器が市販されています。

これらの容器は、蓋と本体の間に隙間を設け、蒸気が適切に逃がせるよう設計されています。

過度な加熱が蓋の開けにくさの原因に

過剰に加熱することで、多量の蒸気が発生し、蓋が固くなる原因となります。

さらに、食品の水分を奪い、味を損ねることもあります。

最初は軽く加熱し、不足している場合に追加で加熱することで、過度な加熱を防ぐことが大切です。

プラスチックの蓋が開かない!まとめ

蓋を開ける理由は、その中の内容物を使いたいからに他なりません。

しかし、蓋がすぐに開かない時は、特に急いでいる時にはストレスがたまりがちです。

そんな時は、いくつかの便利なテクニックを試して、心を落ち着かせましょう。

また、「蓋が開かない!」という状況をこれから避けるためには、

「電子レンジを使用する際はプラスチック容器の蓋を取り外す」「容器の縁にこぼれたものは拭き取ってから蓋を閉める」

など、これらを意識して行動することが大切です。

スポンサーリンク
目次