MENU

風味アップ!ビーフシチューが薄味の時に加えるべき最適な調味料

当ページのリンクには広告が含まれています。

ビーフシチューを作る際、市販のルーや伝統的なルー不使用の方法がよく使われますが、どちらを選んでも時々風味が足りないと感じることがありますよね。

そんな時、風味をどう調整すればいいか迷いますね。

この記事では、ビーフシチューが少し物足りないときに加えると良い調味料をご紹介します。

さらに、シチューが水っぽくなってしまった場合の、適切なとろみの出し方も一緒にお伝えしますので、ぜひこれらの方法を試してみてくださいね!

目次
スポンサーリンク

ビーフシチューの風味を豊かに!薄味の時の調味料の加え方

ビーフシチューをもっと味わい深くするためには、主に二つの方法があります。

まずは、シチューをじっくりと煮込むことが大切です。

煮込み時間が短かったり、水分が多いと味が薄くなりがちです。

少なくとも、ルーを加えてからは10分以上煮込むのがポイントです。

それでも味が足りないと感じたら、さらに煮込むことをおすすめしますが、焦げつかないように気をつけてください。

更に風味を強化したい場合、追加の調味料を使うのがいいでしょう。

特にお勧めするのは、次の2つです。

  • コンソメ
  • ケチャップとウスターソース

コンソメは、手軽に美味しさを加えて、味を濃くするのに最適です。

キューブタイプなら、半分程度から始めて、徐々に加えて味を整えましょう。

ケチャップとウスターソースは、1対1の割合で混ぜ、大さじ1程度から加えてみてください。

ルーを使わないビーフシチューでも、ケチャップとウスターソースを加えるレシピが多く、ルーを使ったシチューにもよく合い、美味しい仕上がりになります。

ケチャップやウスターソースが持つ野菜の美味しさが、ビーフシチューの味に深みと風味をプラスしてくれます。

スポンサーリンク

ビーフシチューが水っぽくてとろみ不足の際の解決策

ビーフシチューを作る時、水を多めに入れたり、野菜から予想以上に水分が出ることがよくあります。

この結果、シチューが水っぽくとろみが足りなくなることがあります。

こんな時には、後からとろみを足す方法があります。

最も簡単なのは、水に溶かした小麦粉を加えることです。

米粉や片栗粉を使っても大丈夫です。

これを加える時は、火を止めて、ダマにならないようにしながらシチューに混ぜ込んでくださいね!

普段はこの方法でとろみを出しますが、もっと本格的にやりたい場合は「ブールマニエ」という手法もあります。

ブールマニエは、同量の小麦粉とバターを混ぜて作る、ルーのようなものです。

柔らかくなったバターと同量の小麦粉を混ぜて練り、ビーフシチューの煮汁を少し加えて伸ばし、鍋に入れます。

この方法を使うと、とろみが出るだけでなく、バターのコクとマイルドな味わいもシチューに加わります。

ビーフシチューの風味を引き立てる!おすすめ隠し味

ビーフシチューの味に深みや特別な何かを加えたい時、隠し味として特定の調味料を使うのが効果的です。

まろやかな味を目指す時

シチューの酸味が気になる時や、もっと柔らかな風味を出したい場合は、最後に生クリームを加えるのがお勧めです。

盛り付ける時に生クリームを少し加えると、見た目も美しく洗練され、味もまろやかになります。

生クリームが手元にない時は、バターを使っても同じ効果が得られますよ!

バターを加えることで、ビーフシチューにマイルドなコクが生まれ、より一層美味しくなります。

もし甘みをプラスしたいなら、蜂蜜を加えるのも一つの方法です。

蜂蜜を入れると、優しい甘さが広がります。

4人前のシチューには、大さじ1程度の蜂蜜が適量ですが、蜂蜜を多く入れすぎるととろみが出にくくなるので注意しましょう。

大人の味わいに!ビーフシチューにビターなアクセント

ビーフシチューに特別な風味を加えたい時、インスタントコーヒーを隠し味として使ってみるのがオススメです!

4人分のシチューに小さじ1/3程度のインスタントコーヒーを加えることから始めると良いですよ!

これによって、シチューにはほんのりとした苦味と香ばしい香りが加わり、ユニークな味わいが生まれます。

簡単に味わい深いシチューを作る方法

コクのある美味しいビーフシチューを簡単に作るには、野菜ジュースを使うのがお勧めです。

野菜ジュースはさまざまな野菜や果物の味わいが凝縮されているため、これを加えるだけで、野菜の旨みがたっぷりの深い風味のシチューができあがります。

水を使わずに野菜ジュースだけで作る方法や、水と一緒に使うレシピもあるので、ぜひ試してみてください。

高級感あふれるビーフシチューに仕上げるコツ

上品なビーフシチューを作る際は、赤ワインの使用がおすすめです。

料理に使う赤ワインは、高くなくても大丈夫。手頃な価格のもので十分です。

赤ワインは肉を柔らかくする効果がありますので、肉の下処理や煮込む過程で加えると良いでしょう。

隠し味として少量を加える場合は、ルーを入れた後に赤ワインを混ぜ合わせます。

これでビーフシチューに本格的な風味が加わります。

ただし、赤ワインに含まれるアルコールは、加えた後にしっかり加熱して飛ばすことが大切です。

ビーフシチューが薄味の時に加えるべき最適な調味料!まとめ

ビーフシチューが薄味に感じる時は、まず煮込み時間が十分だったか確認しましょう。

煮込みが足りない場合は、水分を減らすためにもっと時間をかけて煮込むことが大切です。

それでも味がまだ足りないと思ったら、簡単な解決策としてコンソメやケチャップ、ウスターソースなどの調味料を少しずつ加えてみましょう。

これらの調味料を加えるだけで、シチューの味が格段に濃くなります。

また、上部で紹介した隠し味を加えるのもおすすめです。

ただし、どの調味料も過剰に使用すると味のバランスが崩れる可能性があるため、少量ずつ加えて調整することが肝心です。

スポンサーリンク
目次